SOSEI PARTNERS (SHIMOKAWA) - SINCE MARCH 2017

Our project in Shimokawa started in March 2017, where we partnered with Shimokawa's Town Promotion Department and Shimokawa Tourism Board. Sosei Partners (Shimokawa) focuses on Shimokawa's sustainable management of its forest resources and adaptation to aging society. 

Shimokawa is a little town located in Northern Hokkaido, with 90% of its land covered with forests. Shimokawa has a sustainable forestry management system, where it utilizes every part of the forests- logwood, leaves, bark, branches, tree sap and even the wood chips, to build houses, manufacture furniture, make bowls and accessories, produce aroma oil, and even produce biomass energy. This comprehensive forestry management system was recognized by the national government, which led to its recipient of the first Japan SDGs (Sustainable Development Goals) Award in 2018.

We have organized 5 learning programs since March 2017 involving more than 30 participants from 20 different countries and regions. In our program, participants get to experience first-hand cutting of the pine branches and leaves in the forests using a saw, and distilling them to produce aroma and essential oil. Participants also get to enjoy the vast nature and breathtaking sceneries on a bicycle, by the river and from an observatory tower that overlooks the gorgeous town.

地方創生パートナーズ(下川)2017年3月〜

下川町での活動は下川町タウンプロモーション推進部と観光協会との協働で2017年3月にスタートした。下川町での活動は持続可能な森林運営と資源管理、そして高齢化社会への適応という2つのテーマに基づいている。

下川町は北海道北部に位置し、面積の9割が森林に覆われている小さな町。森林の資源を有効活用し、ゼロエミッションの木材利用にこだわっている。例えば、1本の木は円柱・集成材、木炭に加工され、加工の際に出るオガコや端材は木質バイオマスボイラーの燃料に、未形成炭は土壌改良材や融雪材に利用されている。また木質バイオマスボイラーを導入することで、地域熱供給システムを確立している。持続可能な未来を見据えて施されてきた様々な政策や民間のプロジェクトが評価され、2018年には日本SDGsアワードで総理大臣賞を受賞した。

2017年5月以来、主に留学生向けのラーニングプログラムを実施してきた。20カ国と地域の30名の参加者が参加している。滞在中、参加者はガイドの丁寧な案内と説明で実際に森に入り、トドマツの枝葉を切り、エコハウスで蒸留してアロマオイルとエッセンシャルオイルを抽出する体験をしたり、または自転車を漕ぎながら下川町の絶景を楽しんだり、展望台に登って景色を眺めたり、下川町の美食を堪能したりする。