SOSEI PARTNERS (ISHINOMAKI) - SINCE DECEMBER 2017 

Sosei Partners founder Dennis first arrived in Ishinomaki April 2011, 7 weeks after the Great East Japan Earthquake, initially as a disaster relief volunteer. After repeated trips to Ishinomaki as an interpreter, volunteer, intern and visitor, we slowly built a strong rapport with the local community. The disaster swept away large parts of the city, but in the process created a space for innovative and entrepreneurial efforts to take place. Start-ups ranging from IT to craftsmanship sprung up in Ishinomaki where people of different sectors collaborate to rebuild Ishinomaki, not to what it used to be, but into a brand new innovative city.

Since December 2017, we have organized learning programs in English for international participants to experience Ishinomaki from a fresh perspective: interacting with locals, learning about innovation through hands-on experiences in fishing and craftsmanship, going onto fishing boats, making your own DIY souvenir and so on.

We have also sent 2 international interns (as of 2018)- one from Mongolia and one from France, to stay in Ishinomaki for close to two months, to establish the foundation of Sosei Partners in Ishinomaki, as well as to build harmonious relationships with the local communities.

Read the detailed report of the Ishinomaki Learning and Experience Program here.

地方創生パートナーズ(石巻)2017年12月〜

創立者のデニスは東日本大震災7週間後の2011年4月に初めて石巻に震災ボランティアとして足を運んだ。その後の数年にわたって、通訳の仕事やインターンシップでまた何度か石巻に通っているうちに、地元の方々や団体と知り合って関係性を築き始めた。東日本大震災では石巻は甚大な被害を受けて、多くの建物が流され、尊い命がたくさん失われた。しかし、何もかもなくなったこの町にはイノベーションが起こしやすい、果敢にチャレンジしやすい空間ができたのだ。震災後、ITからものづくりまで多岐にわたる分野において起業した住民や移住者が増え、セクターを超えたコラボレーションを果たしながら、石巻を新しい町に変えようとしている。

2017年12月以来、主に留学生を対象に石巻におけるイノベーションプログラムを実施してきた。石巻の住民と交流しながら、牡鹿半島で漁業を体験しながら、ITとデザインで漁業を変えようとするフィッシャーマンジャパンをお尋ね、またDIY家具メーカー石巻工房でワークショップをやって自分なりのお土産を自分の手で作り、様々な活動を通して石巻を楽しみ、イノベーションを学ぶ。

また、2018年には長期の留学生インターンを2回石巻に送り込み、それぞれ2ヶ月滞在しながら、石巻における地方創生パートナーズの基盤を構築すると同時に、住民たちとの良好な関係性を築いた。