Sosei Partners (Urahoro) 9/12 ~ 9/17

Urahoro Day 1
浦幌町1日目

We arrived at Urahoro, located in Eastern Hokkaido (Tokachi region), with four participants from Spain, Vietnam and USA. Our local coordinators picked us up from the Obihiro Tokachi Airport as we headed for Tokomuro Lab, a satellite office and co-working space that was refurnished from an old elementary school. 

Together with the CEO and staff of Relation (our local partner), the founder of Urahoro style education, and an Italian photographer, we had an opening meeting where we learnt about the current projects in Urahoro. In the evening, we had chanko nabe with the locals as we engaged in lively discussions on our first impressions of this town. We will be spending the next five days exploring this town, discovering new possibilities and presenting our proposal to inject fresh perspectives into this town.

21741166_1945852782340584_3590082717417529050_o.jpg

今日はスペイン、ベトナムとアメリカの地方創生パートナーズと一緒に北海道の東部、十勝地方の浦幌町にやってきました。帯広とかち空港を出て、常室小学校という廃校をサテライトオフィス・コーワキングスペースに改装したTokomuro Labに向かいました。

そこで、現地パートナー株式会社リレイションの社長や社員の皆さん、浦幌スタイルの理事、そしてイタリア出身の写真家と一緒に最初のミーティングを行いました。現在、浦幌町で行われているプロジェクトの話を聞かせていただき、そして質疑応答で沢山の質問をさせていただきました。夜は、現地の皆様とちゃんこ鍋を食べながら、浦幌町の第一印象について語り、親睦を深めました。明日から5日間、浦幌町の様々な資源、可能性と課題を探りながら、新しい切り口と目線から浦幌町に貢献させていただければと思います。


Urahoro Day Two
浦幌町2日目

We were blessed with blue skies, white clouds and sunny weather on our second day, as we drove to the coast and savoured the breathtaking sceneries of the Pacific Ocean. Thereafter we went back to the central area, as we walked around the town, talking to random locals, including a raspberry farmer, vegetable sellers, middle school teachers and so on. It was an enriching day meeting different people and hearing their opinions and visions of this little town.

1.JPG

今日は晴天に恵まれ、どこまでも広がる青空の下を走りながら、太平洋に面している昆布刈石海岸へ向かいました。海岸からの景色が息を呑むほど美しくて、みんなのカメラシャッターが止まりませんでした。その後、中心部に戻り、道の駅・野菜の直売所の方々、それから中学校の先生などと話をし、浦幌町の現在とこの町の今後について色々話を聞かせていただきました。

4.JPG

Urahoro Day 3
浦幌町3日目

We kicked off the third day with tofu making with some local grandmas. Many young people nowadays have lost touch with food production, and do not know where food comes from, and so a local grandma decided to organize workshops to teach young people how to make miso, tofu and other food. We started by grinding soy beans, before steaming, filtering and compressing to produce tofu. It took us close to four hours! 

1c.JPG

Thereafter, we headed to the local middle school where we met the school principal and had a class with the local students. We played some games, and split into groups to talk to them individually, asking them about what they like about their hometown, and what they wish to do in the future. The students’ voices gave us a sense of how their education system has shaped their minds, and possibly paving the way for a new future of Urahoro.

1d.jpg

今日は地元のおばあちゃんたちと一緒の豆腐作り体験をしました。最近の若者は、食べ物はどこから来ているのかわからない人が多くて、そのせいで一次産業が衰退していると考えられるので、豆腐やお味噌などを原料から作るワークショップを始められたそうです。大豆を粉砕するところから始まり、その後汁を絞り、煮込み、にがりを加え、そして箱に流し込み、重しを載せて、最後に暫く待ってから完成!大豆の状態から食べられるところまで4時間もかかりました!

1e.jpg

その後、現地の中学校に行き、中学3年生の授業に参加させていただきました。ゲームをしたり、国際交流したり、そして中学生の皆さんが浦幌町についてどう思っているかについて聞いたりしました。浦幌町は教育に力を入れているので、学生との交流によって教育制度は実際どういう影響を与えているか自分の目で確かめることができました。

1f.jpg

Urahoro Day 4
浦幌町4日目

We started off the day by entering the vast forests of Urahoro together with the chief of the forestry industry in this town. He demonstrated to us the latest technology and spoke at lengths about the importance of forestry, the challenges they face and how forestry sows the seeds for the future of our next generations. Thereafter, we went to a chopstick-making workshop to make our own chopsticks! It was interesting to see how the forestry industry is gradually gaining momentum, and how the primary industry is connected to the secondary and tertiary industries. We will be having our presentation tomorrow to display what we have experienced so far, and to present to the locals our novel suggestion to revitalize Urahoro from international perspectives.

Day 4-1.JPG

今日は朝から浦幌町内の林業の方々と一緒に森の中へ。林業の最先端技術をご紹介いただき、日本または世界の林業が直面している課題と可能性、林業が次世代のための産業だということを教えていただきました。林業への情熱が心に響き、林業に対する概念が覆されました。その後、箸作り体験で自分のお箸を作りました。この町の一次産業がいかに二次産業、三次産業に繋がっているかについて学ぶことができました。明日は町民向けに報告会をさせていただきます。滞在中の経験や、浦幌町が更に活性化し、国際化していくにはどうすればいいかという提案をさせていただきます。

Day 4-3.JPG

Urahoro Day 5 and 6
浦幌町5・6日目

We had our final presentation today to the town residents, where we spoke about our experiences in Urahoro, some case studies of how other cities in the world reutilize vacant buidlings to brand their cities, and other suggestions on how we can continue working with the local region. It has been an enriching 6 days where we interacted with people from all walks of life, including primary industries such as forestry and farming, teachers, students, government officials, NPOs, new residents, foreign nationals and so on. All of us gave us a slightly different perspective of this town but there was a sense of community and unity, which we believe is the true value of Urahoro. This might be the end of our stay at Urahoro, but this is certainly just the beginning of a long journey ahead. 

IMG_3287.JPG

今日は浦幌町民の皆さん向けに報告会を開きました。今回の滞在中の体験談をはじめ、ほかの地域や国において空き家をどういうふうに活かしているかについてのケーススタディーの紹介、それから浦幌町への提案をさせていただきました。今回は、農業や林業をはじめとする一次産業に取り組んでいる方々、学校の先生、学生や子ども、行政、NPO、移住者、そして浦幌町在住の外国籍の方など、幅広い浦幌町民と関わらせていただける、実り多き6日間でした。それぞれ意見が少しずつ違うのですが、なんだか一体感を感じることができました。この一体感は恐らく、このまちの強みであり、価値のあるものだと思いました。今回の滞在は明日で終わりますが、チャレンジはまだまだ始まったばかり。

IMG_3395.JPG

A huge THANK YOU to everyone we have met in Urahoro, and everyone who has made our experience here a memorable one.

今回のプログラムにご協力いただいた皆様、または浦幌町で出会った皆様に感謝を申し上げます。どうもありがとうございました!!引き続き、よろしくお願いします!

IMG_3400.JPG