BOUNDLESSが目指す「地方創生」

2014年に発足した地方創生戦略とは、東京一極集中問題による地方における人口減少、少子高齢化、そして地方の一次二次産業及び伝統産業の衰退などの問題を解決するための取り組みだ。最終目標としては、都会に集中している人口を地方に分散することだ。しかし、日本の全体人口が減少している現状においては、すべての自治体が人口を増やす目標を掲げても、よっぽど外国から移民を受け入れない限り、現実的に不可能だ。そういう意味では、近い将来に市町村合併、または人口の集住化、コンパクトシティー形成は避けられないと考えられる。

地方創生で掲げられている地方における人口増加には2種類ある。定住人口と交流人口だ。定住人口は言葉の通り、都会から地方へ移住する人口。一方、交流人口とは、観光客(国内・海外)の一時的な人口。この2つの人口が増加すれば、少しでも地域経済が潤う。経済効果の大きい順には、移住→海外からの観光客→国内観光客。

弊社BOUNDLESSが目指している「地方創生」の実体と長期的な目標は上記の図で現れている。

まず、定住人口の話をしよう。都会から地方へ移住するためには、様々な壁がある。若者が地方に移住しない理由はたくさんあるが、敢えて2つあげると、1) 雇用の機会(働く場所)がないのと、2) 外の世界と繋がりにくい(不便)というところ。2番に関しては、若者に限った話かもしれない。もちろん、人はそれぞれ自分に合う環境や生活・ライフスタイルが異なるし、年を取ればまた変わるということは言うまでもない。また、世界的に見ても都会人口がどんどん増加する傾向にあるので、地方人口が都会人口を逆転することはほぼ不可能だといえる。そういう意味では、都会と地方を交互に行き来する仕組みを新しく築く必要がある。

なぜ地方では雇用が生まれないかというと、ひとつの理由としては、国内市場が縮小しているからだ。今まで日本国内にしか相手にしてこなかった地方の会社からみると、人口減少=市場縮小だ。しかし、海外では人口が増加しているし、未開拓の市場がたくさんある。海外展開をすることによって、市場が拡大し、雇用が生まれると考えられる。しかし、海外展開はそう簡単にはいかない。日本に留学生している外国人は年々増加している。そういう留学生とうまく連携すれば、海外展開という壁は乗り越えられるだろう。そして、留学生という架け橋を通して地方と海外が繋がれば、「外との世界」とは繋がりやすくなり、日本人の若者でも、田舎の古くさいイメージが覆され、地方でも世界との仕事ができる場所になり、地方へ流れる人口が増えるだろう。

次に交流人口の話をしよう。交流人口は簡単にいうと、インバウンド観光促進だ。しかし、現在日本のインバウンド観光には様々な問題点がある。一番大きな問題点は、海外目線に欠けているということだ。つまり、今まで日本人向けの観光をそのまま多言語化し、外国人にPRしようとしている。日本人が興味を持つことは必ずしも外国人の関心に合うとは限らない。また、歴史的な出来事や人物を知っている前提で話せる日本人向けの説明文章を外国人向けには通用しない。そのためには、新たな戦略が必要だ。外国人(といっても国によって違う)の切り口から地域の観光資源を新たに再編成する必要がある。

再編成された日本の地域には2つの役割がある。ひとつは、一般観光。これは今までの観光とさほど変わらないが、海外目線から見た地方の観光を対象国に一番響く表現を使い、対象国にとって一番しっくりくるブランディングをしなければならない。もうひとつは、所謂「学ぶ観光」。課題先進国の日本は、10年20年後の世界が直面する問題に今悩まされている。そのため、日本は、こういったグローバルな課題の解決策、または持続可能な将来を築くための智慧や経験などを世界と共有する立場にある。ここにこそ日本の本当の役割があるし、日本が活躍できる場があると思われる。

そして、以上に言った役割を担うのは日本人だけでなく、留学生も大きな力を果たせると思われる。2020年には留学生(大学・大学院生、専門学校生・日本語学校生)が30万人に増える見込みだ。そして、海外に在住経験のある所謂「帰国子女」も年々増えている。海外と繋がるための強力なパートナーは既に目の前にいる。

確かに、地方にはまだ外国人を受け入れる体制が整っていない。心理的にも、インフラ的にも、そして社会的にも。しかし、今から「留学生」という親しみやすい、そして入りやすい切り口から少しずつ実践していけば、留学生と地方が繋がれば、1. 留学生が地方を知ることができる、2. 地方が留学生を受け入れる練習になる、そして 3.留学生が将来自国に帰ったとき、地方との繋がりを持っていれば、直接地方とビジネスもできるし、技術交換・情報交換などもできる。

弊社が掲げているスローガンは「形にこだわらず、本質を大切に」。

時代とともに変化していく私達、そしてこの国。大切なのは、その形を守るのではなく、その中身、その本質をいかに次世代につないでいくかだ。